睡眠改善で毎日ぐっすり!知っておきたい眠りの基本

HOME >>  睡眠の基礎知識 > 不眠症とは

睡眠改善で毎日ぐっすり!知っておきたい眠りの基本

不眠症とは

不眠症とは、「布団に入っても眠るまでに時間がかかる」「すぐに目を覚ましてしまう」「早朝に目が覚める」「長時間眠っているにも関わらず、熟睡感がない」などの症状のことを言います。

不眠症の弊害としては、昼間に極度の眠気に襲われる、集中力・注意力が途切れてしまう、疲れを始めとした体調不良が続く、というようなものがあります。日本では、不眠症を患っている人はかなり多いです。なんと、約5人に1人が不眠症の悩みを抱えているとのこと。ちなみに、この症状が出始めるのは20代~30代が多いと言われています。

そんな不眠症には4つのタイプがあります。
1.入眠困難:布団の中に入っても30分以上眠ることができない状態。
2.熟睡障害:眠れることは眠れるが、眠りが浅いため熟睡できておらず疲れが取れない状態。
3.中途覚醒:夜中に何度も目が覚めてしまう状態。
4.早期覚醒:起床予定時間より2時間以上早く目が覚めてしまい、二度寝しようとしても眠れない状態。
以上の4つです。4つのタイプと書きましたが、2つ以上のタイプを併発する人も多くいます。

睡眠時間はかなり長めだから自分は不眠症じゃない!と考えている人もいるでしょうが、疲れが取れない・常に眠い・だるさがあってボーッとしてしまうなどの症状を抱えているのであれば『熟睡障害タイプ』の不眠症であることもありますからご注意ください。

不眠症の原因には
・暑さや寒さ、眠る場所の変化、騒音や明るさなどが関係してくる『環境』
・年齢や痛み、かゆみなどによる『身体』
・悩みやストレス、イライラなどの『心・精神』
・お酒やタバコ、カフェイン類の摂取や薬の副作用などの『生活習慣』
があるようです。

参照先:「眠りの質を高め不眠症を改善する【睡眠改善ナビ】

© 2015 睡眠改善で毎日ぐっすり!知っておきたい眠りの基本 All Rights Reserved.