睡眠改善で毎日ぐっすり!知っておきたい眠りの基本

HOME >>  睡眠改善の方法 > 体内時計をリセットする

睡眠改善で毎日ぐっすり!知っておきたい眠りの基本

体内時計をリセットする

体内時計が狂っていると、眠りの質が低下し不眠症となってしまう場合があります。体内時計が乱れる原因には、『不規則な生活習慣』『強いストレス』『就寝直前まで強い光(パソコンやスマホなど)を浴びて神経を興奮させる』『休日の寝だめ』などがあると言われています。今回は、狂った体内時計をリセットする方法についてご紹介致します。

●起床時間を毎日同じ時間に設定する
起きる時間が毎日バラバラだと、体内時計が狂う原因となります。それを改善するには起床時間を毎日一定にしてみましょう。最初は眠くて仕方ないかもしれませんが、慣れてきますよ。

●朝起きたら太陽光を浴びる
おきたらすぐにカーテンを開けて太陽光を浴びるようにしましょう。人間は太陽の光を浴びることで体内時計をリセットすると言われています。スマホやパソコン等の強い光を夜に浴びるのがダメなのもこれが理由です。大体5分くらい浴びればOKなので、起きたらカーテンを開けて窓際でボーッとするのもおすすめです。

●朝に散歩をしてみる
散歩やウォーキングなどの運動は体内時計をリセットするのに有効な方法の1つです。できれば20分程度継続して歩いてみましょう。

●食事を毎日同じ時間に摂る
食事の時間が毎日違っていると、体内時計を乱す原因となります。気をつけましょう。

●遅くても0時までには寝る
夜更かしは体内時計が乱れる原因です。仕事で帰りが遅くなることもあるでしょうが、最低でも0時には床につくようにしましょう。

© 2015 睡眠改善で毎日ぐっすり!知っておきたい眠りの基本 All Rights Reserved.